浴衣初心者の方、鼻緒慣らしをしておきましょう!

 
下駄鼻緒慣らし

この記事を書いている人 - WRITER -

着物の仕立て・お直し・クリーニング
アシスターの松井です。

 

ゴールデンウィークも明けまして
いよいよ夏に入ろうかとしていますね。
(このブログを書いている今日(5月7日)は雨ですが・・・)

 

アシスターのホームタウン
広島県福山市では
5月26日に鞆の浦花火大会

 

少し足を延ばした広島市では
6月1日にとうかさんが開催されます。

 

はい、つまり

 

浴衣のシーズンに入ります!

 

今年は浴衣デビューを・・・と
今から準備をされている方も
多いかもしれませんね。

 

そんな方たち、浴衣や付属品を揃えたら
今から準備しておいたほうがいいことがあります。

 

それは・・・・

 

鼻緒慣らし【はなおならし】

 

今回は鼻緒慣らしについて書いてみます。

鼻緒慣らしとは?

鼻緒慣らし

 

普段着物を着られない方は
草履や下駄を履くことが少ないと思います。

 

そういった方が、突然草履や下駄を履くとどうなるか?

 

長時間下駄を履いて歩くと
鼻緒ずれを起こすことが多いです。

 

素足で草履や下駄を履いて
靴擦れのように鼻緒の部分が
擦れて痛くなったり、すり傷のようになったり

 

ひどい時にはばい菌が入って膿んでしまうことも・・・

 

そうならないように
事前に足を作っておく
鼻緒に慣れておくことを鼻緒慣らしと言います。

 

鼻緒慣らしのやり方や鼻緒ずれの防止法としては
以下の方法があります。

 

その① 事前に履き慣らしておく

 

浴衣を着る1~2週間前から1日数時間下駄や草履を履いて歩いておくこと。
これで、擦れている部分の皮膚が強くなって鼻緒ずれしにくくなります。
足にフィットしてくれるのでこれが一番いい方法。

 

その② 鼻緒をもみほぐす

 

鼻緒の中身は紙なのでもみほぐすと柔らかくなります。
紙の硬さが無くなるまでもみほぐしてください。
但し、ゆるくしすぎると元に戻せないので注意が必要です。

 

その③ 下駄を履いたまま軽くねじって調節

 

足の甲に合うように鼻緒をねじって調節すると
鼻緒の形が足の甲に合うようになり履きやすくなります。
こちらも伸ばしすぎると元に戻らないので注意が必要です。

 

その④ 足にベビーパウダーを塗っておく

 

ベビーパウダーによって足と鼻緒の摩擦が少なくなり
鼻緒ずれを防ぎます。

 

この他にも絆創膏を貼っておくとかガーゼを当てておくとか
ありますが、見た目的には・・・なので

 

やはり履き慣らしておくのが一番ですよ!

 

ということで下駄の鼻緒慣らし

 

イベントで痛い思いをしないで
良い思い出を残すために
今のうちにやっておきましょうね!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Top