着物のお仕立てお急ぎの場合は即日対応ができます!

着物・振袖のクリーニング全国対応しております

腕によりをかける

WRITER
 
腕によりをかける
この記事を書いている人 - WRITER -

着物の仕立て・お直し・クリーニング
アシスターの松井です。

 

着物は日本の文化として根付いています。
そのため、着物に関する慣用句もたくさんございまして、

 

こちらのブログでもご紹介させていただきます。

 

今回ご紹介する慣用句は

 

腕によりをかける

 

腕によりをかける

 

手の込んだ料理を作るときに、
「今日は腕によりをかけた手料理だから。」
みたいな表現しますよね。

 

そのより(縒り)と言う言葉は

 

ねじり合わせることで
糸を絡め合わせて丈夫な糸を作る
「糸のより」から来ています。

 

 

↑帯締め(wikipediaより)

 

着物の帯締めも縒って(よって)あるものが多いです。

 

複数の糸が力を合わせて丈夫な糸を作ることから、

 

”自分の力を最大限発揮しようとはりきること”

 

という意味になったんですね~。
(糸のねじねじした感じがそんなイメージですよね)

 

ちなみに、別れた男女が再び付き合うようになることを

 

”よりを戻す”

 

なんて言いますよね。これも同じ縒り(より)の由来です。

 

昔、腕によりをかけたお料理を作ってくれた
あの娘は今はどうしているのでしょうか?
と想いを馳せる秋ですね。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Top