着物のお仕立てお急ぎの場合は即日対応ができます!

着物・振袖のクリーニング全国対応しております

着物の誂え あつらえるの意味は?

WRITER
 
夏着物お誂え
この記事を書いている人 - WRITER -

着物の仕立て・お直し・クリーニング
アシスターの松井です。

 

2月も終盤
卒業式シーズンを終えると
もう春夏の着物を考える時期ですね。

 

春夏に向けて
着物を誂(あつら)えようかと思っている人もいるはず・・・

 

さて、着物用語で

 

お誂え【おあつらえ】

 

という言葉がありますが

 

意味をご存知ですか?

 

「あつらえる」は自分の希望通り作らせるという意味で、そこから

 

お誂え【おあつらえ】

 

①誂える人を敬って、その注文を言う語

②希望通りであること

 

という意味になりました。

 

その派生語で

 

お誂え向き

 

なんて言葉がありますが

 

これは、

 

お誂え向き=要求条件などにピッタリであること

 

を言います。

 

「あなたにはそのくらいがお誂え向きね。」

 

とテレビなんかで見ることがあると思いますが、

 

これは

 

あなたにはその(低い)程度が
あなたの要求にピッタリ合ってお似合いね

 

という嫌味なので使う時には気を付けましょうね!

 

アシスターは

 

着物のお誂えやっております!

 

春着物や浴衣のお誂えをお考えの方はご相談くださいね。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Top