着物のお仕立てお急ぎの場合は即日対応ができます!

着物・振袖のクリーニング全国対応しております

無い袖は振れない

WRITER
 
無い袖は振れない
この記事を書いている人 - WRITER -

着物の仕立て・お直し・クリーニング
アシスターの松井です。

 

カープも3位浮上で絶好調
カープ浴衣も売れております!

カープ浴衣2019年は夏のイベントに着倒したいという方は
早めのご予約お願いいたします。

 

さて、着物は日本の文化として根付いています。
そのため、着物に関する慣用句もたくさんございまして、

 

こちらのブログでもご紹介させていただきます。

 

今回ご紹介する慣用句は

 

 

無い袖(そで)は振れない

 

持っていないものは出せないという意味。

 

語源は

 

着物の袖は財布を入れておく所なので、
袖がないというのはお金がないということ。

 

金銭的な援助を申し込まれた時や返済を迫られた時に
無い袖は振れないというセリフを使います。

 

しかしながら、
袖が無い着物というのは
おかしな感じなので

 

着物を仕立てる時には
お金が無いからと言って
袖の無い着物を注文するのはやめておきましょう!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Top PAGE TOP