着物のお仕立てお急ぎの場合は即日対応ができます!

着物・振袖のクリーニング全国対応しております

着物の虫干し、タンスの中も一緒に掃除!

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

着物の仕立て・お直し・クリーニング
アシスターの松井です。

 

ちょうど今くらいの冬の時期に
行われる着物のメンテナンス方法がございます。

 

虫干し【むしぼし】

 

と言いまして

 

衣類,書籍,調度などを箱から取出し,
日光に当て,風を通して湿りけやかび,虫の害を防ぐことコトバンクより

 

着物にとって湿気は大敵なので、
タンスにしまいきりのきものや帯は、

 

点検の意味も込めて
最低でも年に一度は虫干しを行い、
風通しを良くして害虫を取り除くとともに、
カビ・変色を防止することが必要です。

 

1月中旬から2月いっぱいくらいまでの虫干しは

 

寒干し

 

と言いまして、着物の湿り気を抜くために行います。

 

寒干しのやり方

 

①1週間ほど晴天が続いて乾燥した冬の日

   ↓

②きものを一枚づつ衣紋掛けに掛け
正午を挟んだ4時間程度
直射日光の当たらない風通しのよい部屋で干します。

   ↓

③きものの汚れや綻び、
虫食いなどをチェックし、
問題がある場合は早めに処置をします。

   ↓

④ついでにタンスの引き出しや
衣装ケースの中の掃除も
合わせて行うとより効果的です。
中敷きの紙なども新しいものに換えておきます。

 

簡単に要約すると

 

風通しの良い日陰に着物を干して
タンスのお掃除して
たとう紙や中敷の紙も変えることです。

 

着物を大切に着て
子や孫の代まで受け継げるようしたいものですね。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Top PAGE TOP