着物のお仕立てお急ぎの場合は即日対応ができます!

着物・振袖のクリーニング全国対応しております

中古着物、裄が短い時は足し布をします。

WRITER
 
着物のお直し
この記事を書いている人 - WRITER -

着物の仕立て・お直し・クリーニング
アシスターの松井です。

 

着物の腕の部分が短くて
中古の着物が着られない

 

とお悩みの方もいらっしゃいます。

 

一昔前に比べて、女性は身長が高くなり
手足も長くなりましたから、

 

親の世代から譲り受けた着物の
サイズが合わず着られない
ということもございます。

 

特に着物の袖(そで)は
手首が隠れるくらいの長さで
着るのが一般的ですので

 

袖の長さが足りなくて
困ることも多いです。

 

着物の腕の部分は裄【ゆき】
と言いまして

 

着物のお仕立て、裄丈と身丈【ゆきたけとみたけ】

 

裄丈【ゆきたけ】:首の下の背中の中心から手の先までの長さ

 

反物の幅が狭くて裄【ゆき】の寸法が取れない時

サイズが小さい着物で裄の部分を長くしたい時

 

上2つの場合の対処法としては

 

割入れ【わりいれ】

 

という方法で巾(はば)を広げます。

 

着物のリフォーム

↑赤丸の所に割入れしてます。
ほとんど違和感がないでしょう!

 

衿(えり)やおくみの縫い代部分

 

簡単に言うと
着物を着た時に見えない部分から
生地を取って

 

その生地を使い接いでいくことを割入れと言います。

 

柄物の着物ですと、
自然な感じに仕上げるのに
熟練の技術を要します。

 

着物のサイズ直し
反物の幅が狭くて仕立てが難しい

 

そのような場合には
割入れの技術が使えますので

 

気になる方はアシスターまでご相談くださいませ。

 

とりあえず裄直しができるかどうか聞いてみたいという方は
LINE@からお問合せくださいませ。

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Top