着物のお仕立てお急ぎの場合は即日対応ができます!

着物・振袖のクリーニング全国対応しております

日本の伝統色、赤でもいろいろあります。

WRITER
 
着物の色
この記事を書いている人 - WRITER -

着物の仕立て・お直し・クリーニング
アシスターの松井です。

 

今シーズンのプロ野球オープン戦
無観客試合で行われていますが、

 

我らがカープ、絶好調ですね。

 

現在5勝1敗で首位です。

 

さて、カープと言えば赤ですが

 

赤色って言っても

 

日本の伝統色で赤系の色って
いろんな呼び名があって面白いんですよね。

 

で、ここで問題です。

赤色伝統色

この3つの赤系の色
日本の伝統色なんですが

 

色の名前を答えられますか?

 

正解は

①茜色

②紅色

③あずき色

 

でした!

 

明治以降は外国から化学染料が入ってきましたが

 

それ以前は

 

植物の葉や枝などから色素を取出し染めていたんです。

 

だから

 

「草木染め」

 

なんて呼びます。

 

ちなみに

 

茜色は
茜という植物の根が原料、茜=赤根の意味です。

 

紅色は紅花が原料

 

あずき色は小豆が原料です。

 

昔から日本人は、
このような微妙な色の違いを楽しんでいたんですね~。

 

同じような赤色や青色でも
日本には何十種類と呼び名があります。

 

それはですね、

 

着物の色のバリエーションにも反映されているんですよ!

 

着物の色も奥が深いですよ~。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Top PAGE TOP